アーカイブ Archives 関西日米婦人会 会員の活動
Japan America Women of Kansai Social Activities

Bring & Buy バザー  2016年11月25日


ポートピアホテルにおいてJAWKインターナショナル恒例のBring & Buyバザーを開催致しました。会員から寄せられた多くの寄贈品、手製のお菓子、手作りの手芸品、協賛者からの様々な商品がいっぱいに並べられゲストと会員はお買い物を楽しみました。今年は趣向を変え、ランチは販売しているお弁当やサンドウィッチ、お菓子などをお買い物の間に自由に楽しんで頂く形式と致しました。100万円を超える収益は奨学金と福祉活動への寄付に使わせて頂きます。多くの方々のご協力に感謝いたします。
 

Bring & Buy Bazzar  Friday, November 25 2016

The annual Bring & Buy was held at the Kobe Portopia Hotel. Members and guests enjoyed shopping from、donated items, hand-baked goods, and vendor shops. Our new endeavor was to have members lunch on lunch boxes, sandwiches and baked items on sale. The ¥1,150,000 profits will be applied to our welfare donations and scholarships. Many thanks to the participation and contributions of members and friends!



秋の昼食会  2016年9月23日  Autumn Luncheon September 23, 2016


ポートピアホテルにおいて、JAWK インターナショナル40年目の年度最初のプログラム として会員だけの秋の昼食会が催されました。1977年に関西日米婦人会として発足し、 2012年に JAWK インターナショナルと改名した当会は、創立以来文化交流を通じて国際間の親交を重ね、チャリティー活動として奨学金と福祉支援の合計額は1億2千6百万円 余りとなりました。
 
The 40th year of JAWK International started with the General Meeting/Autumn Luncheon at the Kobe Portopia Hotel. Founded as the Japan America Women of Kansai in 1977, and changing our name to JAWK International in 2012, we have continued charity activities (totaling over ¥126,000,000 ) as we promote international friendship and understanding.
 
今年度の役員紹介の後、古くからの会員を含め6名の方に思い出話をして頂きました。11人で発足した当会の設立当時の様子や、翌年には200名の方を迎えて第1回 Raffle & BINGO を 成功させたこと。当時の外国人会員から肩肘張らずに自分の出来る事を楽しんでする 「charity」の精神を学んだこと。阪神淡路大震災の時には東京の CWAJ の大きなご協力を 得たこと。奨学生や福祉支援先の選定に当会が真剣に取り組んでいること。また多くの行事 を通して日本や外国の文化を学ぶことが出来楽しかったこと等が語られました。そして元副会長のエイミー・ウェッソンさんからの JAWK の思い出についてのメッセージが読み上げられ、40年の会員歴の会員2人に花束が贈呈されました。
 
After introducing this year's Board, we invited 6 members, old and new, to speak on JAWK. We learned that the club started with a mere 11 members, but that they were able to hold their first Raffle & BINGO with 200 people the next year! Japanese women learned that the spirit of "charity" could be approached as a part of everyday life from their American counterparts. Selecting scholarship students and welfare institutions was always a serious matter. Our bond with CWAJ of Tokyo is since the Hanshin-Awaji Earthquake when they were looking for a reliable route for their donations. Of course, members and guests enjoyed the various events and learned from cultural exchange programs. A message from former Vice President Amy Wesson was read out and the two charter members were recognized with a bouquet presentation.
 
出席した会員は40年の長きにわたる当会の歴史の重みと、先輩諸姉のご苦労の上に現在の私たちがあることに感慨を深くし、「日米および各国間の知識を深め相互理解と親睦に寄与する」「関西市域社会の福祉に貢献する」という当会の目的を遂行するための思いを新たにしました。
 
Attendees were impressed by the dedication and commitment of our members spanning 40 years. We all confirmed our original motivation; to contribute to charities in the Kansai district, and to further understanding and friendship between Japanese/American, as well as international women.
 
続いてポートピアホテル心尽くしのブッフェランチが用意され、会員は美味しいメニューの 数々に舌鼓を打ちながら談笑しました。会の最後にはミニラッフルも行われ、賞品を手に入れた方には祝福の拍手が送られました。次回11月25日の Bring & Buy を成功させるべく協力を呼び掛けて、和やかな秋の昼食会を終えました。
 
Ensuing was a fabulous buffet lunch, great company, and lots of laughter! Winning and applauding those who won, the mini raffle was the perfect closer for a wonderful afternoon. The Vice Presidents asked members to help make the November 25, Bring & Buy a success.


チャリティ・ラッフル&ビンゴ  2016年5月13日(金)


5月13日にJAWKインターナショナル今年度最大のイベント、チャリティ・ラッフル&ビンゴが神戸ポートピアホテルにて開催されました。和やかな雰囲気の中、多くのゲストをお迎えして210名の方が集まり、Welfareの報告に続いて今年度の奨学金受給予定の女子学生3名のうち2名が出席してのスピーチには、大きな応援の拍手を送られました。ポートピアホテル心づくしの昼食の後はお待ちかねのビンゴです。当選者が出る度に歓声と拍手が起こりました。ラッフル(福引)ではデルタ航空提供のホノルル往復航空券、ホテル宿泊券、宝飾品など様々な豪華賞品の当選者が発表され会場は大きな熱気に包まれました。今回私共の福祉活動資金として180万円近くの収益を上げることが出来たのは、長年に渡りこの活動を支えて下さっている90に及ぶ寄贈者の方々、参加して下さったゲスト、および会員の皆様のお蔭と心よりお礼申し上げます。
 
Over 210 members and guests gathered for the grandest event of JAWK International on May 13. Charity Raffle & BINGO started with the 2016 Welfare Report and speeches from two scholarship students, who attended and helped backstage. After the delightful lunch presented by the Kobe Portopia Hotel, was the BINGO game where exhilaration was abound, every time a winner shouted BINGO! Excitement was max as the top twenty of the 350 raffle prizes were announced, such as return tickets to Honolulu, hotel stays, and jewelry.
 
We are ever grateful to the many contributors who provide our prizes and to the members and guests who joined us to make nearly 1800 thousand yen for our charity funds.





カルチャーイベント 講演会「白洲家の流儀」 2016年3月25日


去る3月25日神戸ポートピアホテルにて白洲信哉氏をお迎えし講演会「白洲家の流儀」が開催されました。白洲次郎氏、正子氏の初孫でいらっしゃる白洲信哉氏は祖父母に影響を受け、古美術の世界に入られました。手間のかかる自動車ベントレーを愛した次郎氏、「美術品は生活に使ってこそ生きる」を実践した正子氏、便利ではない古い物に宿る心を大切にされた両氏の生き方を伺い、消費社会に生きる私達にとって本当の豊かさとは何かを考えさせられました。古美術の心を特に若い人たちに伝えたいと次郎氏愛用のオーバーコートを着用された白洲信哉氏に会場から大きな拍手を送られました。昼食の後は白洲氏ご自身が編集なさる古美術誌の販売サイン会も開かれ、出席者と和やかに交流されました。
 
It was March 23 that we welcomed Shinya Shirasu, first grandchild of Jiro and Masako, for his lecture on "The Shirasu Family Traditions". His involvement with antique artifacts and stance were influenced by his grandparents who believed that "Art only lives through actual use". Shinya's ambition is to bring awareness to the spirit of artifacts, impractical yet beautiful, to the younger generation and to us that live in this age of consumption. Applauded was the old yet beloved overcoat he inherited from his grandfather. He mingled with members and guests during lunch and autographed the art magazines he publishes.



過去の会員の活動はこちらから