JAWKインターナショナル 会員の活動 JAWK International Social Activities

国際交流を通して相互理解と親交を深め、地域社会への福祉に貢献する為、年4~5回の定例会が催されます。(会員のみの例会、アートショー、カルチャーイベント、チャリティを目的としたバザーやラッフル&ビンゴなど)また少人数のグループ活動、SING(スモールインタ―レストグループ)では 会員間の親睦を高める為の様々な企画があります。
 
So as to promote further international understanding, and friendship, and contribute to local charities, JAWK holds four to five annual events: Members only General Meeting, Art Show, Cultural Exchange, Charity Bring & Buy, Raffle & Bingo. SING (Small Interest Group) activities are planned for members to enjoy.

クリスマスパーティー 2017年12月15日


クリスマスの華やかな雰囲気が漂うカフェ・フロインドリーブに70名余りの出席者が集いました。
名誉会長米国総領事Karen Kelley氏もご出席くださり、長年のJAWKインターナショナルの活動に対しての謝意をいただきました。
また、岡山からお越しいただいた陶芸家ジョン・トーマス・ウェルズ氏の備前焼のお話と素敵なギター演奏を楽しみました。
フロインドリーブの美味しいおもてなしのお料理を満喫し、クリスマスソング、ビンゴを共に楽しんだあと、お店のクリスマスイルミネーションに心ときめかせ家路に着きました。
 

Christmas Party December 15, 2017

Cafe Freundlieb adorned for the festive season, was the venue for our gathering of over 70 people. Our honorary President, U.S.Consulate General Osaka, Karen Kelley attended, and expressed praise to the many years of JAWK International’s social activities.
All the way from Okayama, Mr. John Thomas Wells, spoke of Bizen pottery and performed jazz guitar. We shared a lovely buffet dinner, played BINGO and joined voices singing Christmas songs. The beautiful illuminations saw us off, after a lovely evening, warm and merry!



秋の昼食会 2017年9月22日


2017年度第1回例会会員のみの秋の昼食会を神戸ポートピアホテルにて催しました。新役員紹介、各委員会報告に続きポートピアホテル特製の松花堂弁当をいただきお喋りに花が咲きました。
「あなたも狙われている」と題して、兵庫県警生活安全部長中村氏をお招きして振り込め詐欺に関する講話を伺いました。新手の多額の振り込め詐欺被害が増大しているとのことです。
会員からも積極的な質疑応答があり、疑わしい時は決して自己判断せず警察に相談してください、とのことでした。
恒例のミニラッフルでは和やかなひと時を過ごしました。
 

Autumn Luncheon September 22, 2017

The General Meeting for members only was held at the Kobe Portopia Hotel. After introduction of the Board and reports from the various committees, we enjoyed a beautifully presented Shokado lunch. Captain Nakamura of the Hyogo Police Force gave a speech on the increasing fraud that threatens innocent citizens, “You May Be Next”. The audience showed strong interest and were insured that when in doubt, they should feel free to consult the Police.
The meeting ended on a high note, with the “almost traditional” mini-raffle, with exciting prizes.


チャリティ・ラッフル&ビンゴ 2017年5月26日


2017年5月26日神戸ポートピアホテルにおいて、JAWKインターナショナル40周年記念チャリティ・ラッフル&ビンゴが開催されました。設立40周年を記念するJAWKインターナショナル最大のイベントは多くのゲストをお迎えして270名余の方が集まり盛会となりました。来賓のスピーチ、奨学金受給予定の女子学生の紹介に続いてWelfareの報告があり今年度は福祉施設や奨学金へ291万円の寄付を行ったこと、設立以来の寄付の総計は1億2900万円余りになる事が報告されました。ポートピアホテル心づくしの昼食の後はお待ちかねのビンゴ大会です。当選者が出る度に会場は歓声と拍手が起こりました。ラッフル(福引)ではデルタ航空提供のホノルル往復ペア航空券、ホテル宿泊券、旅行クーポン、宝飾品など40周年を記念する豪華な品を含む様々な賞品が発表され会場は大きな熱気に包まれました。今回私共の福祉活動資金としておよそ200万円の収益を上げることが出来たのは、長年に亘り私共の活動を支えて下さっている多くの寄贈者の方々、参加して下さいましたゲスト、および会員の皆様のお蔭と心よりお礼申し上げます。
 

Charity Raffle & BINGO May 26, 2017

JAWK International held their annual Raffle & BINGO at the Kobe Portopia Hotel on May 26, 2017. Being the 40th Anniversary Event, over 270 members and guests gathered to celebrate and enjoy. The Welfare Committee reported that they would be donating ¥2,910,000 this year, adding to the ¥129,000,000 that the organization has donated over the last 40 years. After a unique International Bento Lunch, was the exciting BINGO games, and the room was filled with happy people winning the abundant prizes! The raffle draws ensued. Anticipation and excitement filled the air as people went home with the likes of Delta Airlines return tickets to Hawaii, hotel vouchers, travel coupons, and jewelry. About ¥2,000,000 proceeds that will finance our welfare activities is due to the innumerous contributors and attendants that have supported our organization over the years.




カルチャーイベント スーパー二胡リサイタル 2017年3月24日


2017年3月24日 神戸ポートピアホテルにおいて世界的二胡奏者、許可(シュイ・クゥ)氏によるスーパー二胡リサイタルが開催されました。現在東京在住の許可氏は流ちょうな日本語で二胡の歴史やその音楽についてユーモアを交えてお話しくださり、会場の皆も理解を深めたうえで許可氏の演奏を聴くという、なんとも贅沢なひと時を過ごしました。また伴奏の林佳勲(リン・ジャシュン)氏によるピアノソロ、ショパンの調べに心を洗われ、アンコールでは許可氏が一番お好きな日本の曲として「五木の子守歌」をアカペラで演奏され、その深い音色は出席者の心にしみわたり、大きな感動をもたらしました。リサイタルの後は会場を移してポートピアホテル心づくしのランチを頂き、和やかに会を終えました。
 

Cultural Event Super Erhu Recital March 24, 2017

It was March 24, 2017 that we welcomed world renown Erhu player, Xu Ke to perform at the Kobe Portopia Hotel. Mr. Xu Ke not only entertained with his instrumental skills, but with his humorous commentary on the art and history of the Erhu, in perfect Japanese. Accompanist Lin Jiaxun, charmed the audience with his solo performance of Chopin. An unexpected surprise was the Erhu rendition of “Itsuki Lullaby”, presented as the artist’s favorite Japanese song. The hotel served an incredible lunch in an adjacent room, following the recital.



会の風景



9月例会: 年度始めの会員報告会
September: General Meeting for members only

2007JAWK30周年記念コンサート
出演:吉田次郎
2007 Jazz Concert with Jiro Yoshida
(30th Anniversary)

アートショー: 各界のアーティストによる展示会
Art Show: Exhibition of Artists of Various Fields

カルチャーイベント:
音楽、芸能、芸術など文化交流
Cultural Exchange:
Music, Performing Arts of both East & West

ラッフル&ビンゴ:
収益は全て奨学金、福祉に使われる
Raffle & Bingo:
All proceeds go to scholarships & charities
 

クリスマス・チャリティコンサート
Christmas Charity Concert

その他に年に一度、ブリング&バイセールを催し収益は全て福祉基金としています。
The members also, literally "pitch in", work together to raise funds at the annual Bring & Buy.

SINGの会での想い出 Memorable Moments at SING Meetings

信楽を訪ねて 2016年10月28日


秋の一日、9名の会員が神戸からマイクロバスをチャーターして信楽方面への日帰り旅行に出かけました。お買い物や散策、お食事を楽しみ、和やかな充実した一日となりました。
 

Visiting Shigaraki October 28, 2016

9 members boarded a chartered microbus in Kobe, abound to Shigaraki, for an autumn day trip. It was a fun-filled excursion, shopping, touring and enjoying lunch.

会長を囲んで 寒中に出会った「多様な美の世界」 2016年1月22日


1月22日、JAWK International 会長、Greenberg 治子様宅での「お茶の会」にお招きいただいた約30名の出席者はひととき「美の世界」に酔いしれました。ご主人の赴任先ポ-ランドで出会われた絵画、ポスタ-、キュ-バでの「爆発」と命名された壺?ロシア駐在の折フィンランドで治療中に取り組まれた織物が壁にかけられ、どれにも物語がありました。一番驚いたのはヒュ-ストン時代に始められた陶芸の作品の数々でした。テーブルには自ら作陶されたお皿・お湯呑・マグカップが並び、使い勝手が良く手に馴染みました。お玄関に置かれていたブラック ウオールナットの長椅子は日系のジョージ・中嶋氏が日本で作られた作品でした。こんな形のおもてなしを受けましたのは初めてでした。
治子様の締めくくりのご挨拶もこれからのJAWK の活動の指針になると思いました。「ご近所の留学生や外国人に日本の文化を伝えて下さい。」2016年、多くの旅行者が日本を訪れています。今、私達は身辺を見回し機会を捉えて、誇りにしている日本の伝統・文化を伝えたいと思いました。
守山禧子
 

Meeting our President January 22, 2016

Mrs. Haruko Greenberg, Honorary President of JAWK International, opened her home to 30 members for a tea party on January 22. The experience was an intoxication of art, unique and awakening. Paintings and posters purchased during her husband's stationing in Poland, an urn named "Explosion" from Cuba, tapestries that Haruko wove in Finland during their stay in Russia; each and every item had a story to tell. It was astounding to find that all the chinaware on the table, both attractive as well as comfortable, were her own creations from her Houston days. The unique black walnut bench in the entrance hall was made by Japanese-American artist, George Nakajima.
 
Haruko's closing comment was inspiring and perfect for JAWK activities. "Relay Japanese culture to your foreign neighbors and exchange students." 2016 has seen more tourists to Japan and I was motivated to relay the heritage and traditions that I am ever proud of.
 
Yoshiko Moriyama



コーラスクリスマス会 2015年12月11日


SINGコーラスメンバーの発表会がポートピアホテルにて催されました。メンバーは月に一度の練習を続けてこの日を迎え、ゲストとして招かれた友人や家族は暖かい雰囲気の中で美しい歌声を堪能しました。コンサートの後、メンバーとゲストは楽しいお喋りと昼食を楽しみ、全員で歌うクリスマスソングでアットホームな会を終えました。
 

Christmas Chorus December 11, 2015

Friends and family were invited to the SING Chorus concert held at the Kobe Portopia Hotel on December 11. Chorus members had been rehearsing every month to prepare for the event. After enjoying lunch, members and guests joined in singing Christmas songs in a relaxed atmosphere.



奈良にぎり墨体験 2015年10月16日


奈良の錦光園を訪ね、墨の歴史や伝統的な墨作りのお話しとともに、にぎり墨作りを体験しました。墨の原料には、松煙の煤や油煙の煤、膠、香料が用いられ、日本の墨の90%は奈良で作られています。
古の香り漂う工房で、生の墨の香りや柔らかさ、温かさを掌で感じながら、世界に一つしかないオリジナルのにぎり墨を作りることが出来ました。
ケデンバーグ智悦子
 

Nara.Making Sumi ink October 16, 2016

At Kinkouen in Nara we learned about the history as well as the traditions of making sumi.
The main materials used to make sumi are pine smoke (shoen) or oil smoke (yuen), animal glue(nikawa)and fragrance.
Ninety percent of all sumi produced in Japan comes from Nara.
I could smell the fragrance of sumi floating inside the studio.
With this and the feeling of warmth and softness of the raw sumi in the palm of my hand I made the real original nigirizumi.
Chieko Kedenburg