アーカイブ Archives JAWKインターナショナル 支援活動 Support Activities

2016 JAWKインターナショナル 支援活動 Support Activities

1977年にJAWKは創立され、その翌年から福祉団体6団体に第一回の寄附を開始しました。以来、2016年までに総額1億2688万円を超える支援をして参りました。1989年に奨学金プログラムが創設されてから、JAWK奨学金を受けた女子学生は230名に及び、その後彼女たちは国内外の多くの分野 で活躍しています。また地元国際高校との長年に渡る関係を様々な形で大切にしています。
国際交流を通して相互理解と親交を深め、地域社会への福祉に貢献するという理念の下、私たちはこれまで数多くの福祉団体や活動に支援の手を差し伸べて参りました。又、災害地域への支援として、東日本大震災の被災地に2011年より今年度までに総額391万円の義援金を送りました。アメリカの9.11、中国四川省の大地震、スマトラ沖地震などにも義援金を送り,今年度はネパール大地震被災地に子供達の文具、学校再建費用として義援金を送りました。
JAWKの支援活動資金は、個人・団体・企業からのご寄附と、毎年行われるチャリティー例会 Bring & Buy、Raffle & Bingoの純益などによって賄われています。皆様のご協力に感謝いたしますと共に、今後とも変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

JAWK, founded in 1977, started welfare activities the next year, donating to six various institutions. Since the first donation, JAWK has donated over \126,880,000 as of 2016.
The scholarship program began in 1989, and over 230 women have received the award. We are proud that our recipients continue to contribute to society in and out of the country. We also cherish our long relationship with local international schools in various ways.
We have continued to support innumerous organizations and movements with our initial ideals; to further understanding amongst our international society as we contribute to local charities. Concerning disaster support, we have sent a total of \3,910,000 to the victims of the earthquake in Eastern Japan since 2011, and we are still supporting them. We also made contributions to the victims of 9.11 in the U.S.A., the earthquake in Shichuan, China, and the Sumatra earthquake tsunami. We donated to the quake-stricken areas of Nepal this year, and the donation will be used to purchase stationery for children and to reconstruct schools.

Our funds depend on the net gains of our annual Bring & Buy Bazaar and Raffle & Bingo Event, which depend enormously on the support and donations of various firms, organizations and individuals that support JAWK activities. We stand grateful to such support that has allowed us to make our goals a reality.

 
JAWK 寄付総額 1978〜2016
JAWK Donation up to the end of 2016

1978-2015 \60,184,370 (福祉施設 Welfare)
 1985-2015 \66,697,000 (奨学金 Scholarship)

Total \126,881,370
 

奨学金

募集要項、願書は関西圏の大学に送付いたしますので、詳細は所属大学にお問い合わせください。

Application form and criteria for scholarship is forwarded to universities in the Kansai area. Inquire for details to your institution.

JAWKインターナショナル奨学金要綱 JAWK International Scholarship Guidelines

目的 Objective

本奨学金は、4年生大学または大学院の勉学を続けるために財政的援助が必要な優秀な女子学生への支援を目的とする。

JAWK scholarship is to financially support excellent female students of universities and graduate courses, so that they may continue their studies.

受給資格 Qualifications

1.関西にある4年制大学/大学院に在籍中、または新学年度に入学許可を得ている女性。
2.学業成績に優れ、現実的なビジョンを持ち、優れた人格を持っていること。
3.大学学部長あるいは同等の権限をもつ者によって推薦されるもの。
4.家族の年収の合計が500万円を超えるものは、原則として対象としない。前年度の所得証明書および家族からの経済状況に関する報告書の提出が求められる。

1.Women registered at, or starting at a 4 year University/Graduate School in the Kansai district.
2.Having good grades, respectable character, and a realistic vision.
3.Recommended by department head, or persons with equal standing.
4.Those with annual family income over \5,000,000 will not be eligible. Certificate of revenue (previous year) and report of family financial standing must be submitted.

審査方法 Procedures

1. 大学からの推薦状を添えて、申請書類をJAWKインターナショナルの奨学金委員会に提出する。
2. 委員会は提出された書類を審査し、面接を行い最終候補を推薦する。
3. 役員会の票決を経て、受給者と支給額が決定し、受給者にはその旨通知される。

1. The completed application form is to be submitted to the JAWK Scholarship Committee along with a letter of recommendation from the university.
2. The Committee reviews the documents and interviews candidates.
3. The Board of Officers votes on the recommended candidates and decides the scholarship sum. Recipients are then notified.

2016支援活動報告 2016 Welfare Report

奨学金委員会報告 Scholarship Committee Report

2016年度奨学金受給者が決まりました。厳しい書類選考と面接を経て、神戸大学大学院医学研究科、神戸大学農学部食料環境システム学科、神戸大学大学院国際文化学研究科の女子学生計3名に総額150万円の奨学金を差し上げることとなりました。この奨学金が、前途有望な若い女性の力になれることを大変嬉しく思います。

We have selected three female students as the recipients of 2016 Scholarship. The sum total of \1.500.000 goes to one student from each of the following universities: Graduate School of Medicine at Kobe University, Agricultural Economics at Kobe University and the Graduate School of Intercultural Studies at Kobe University. We are very pleased that our scholarships can support these young women with bright futures.

支援活動報告 Welfare Donation

2016年度は以下の12の団体に総額 138万円の寄付をさせて頂きました。

We supported following 12 organizations based in the Kansai region. \1.380.000 was donated in 2016.

神戸市立科学技術高等学校 空飛ぶ車いす研究会

神戸市立科学技術高等学校で2004年から行われているクラブ活動の一つ。古い車いすを分解、整備、再生し、アジアで車いすを必要な人たちに寄贈している。また夏休みには、特養ホームを訪問し、多くの車いすの点検、 整備も行っている。現在まで累計1700台以上の車いすの修理を行った。

Kobe Municipal High School of Science and Technology “Flying Wheelchairs” volunteer group
“Flying Wheelchairs” is one of the school club activities held since 2004 at Kobe Municipal High School of Science and Technology. Its members dismantle, overhaul, and recycle old wheelchairs and donate them to people in need in Asia. Also, they visit nursing homes during their summer vacation to inspect and maintain many wheelchairs. Up to the present, they have repaired more than 1700 in total.

NPO法人女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ

1992年設立。DV被害者支援団体。女性や子供に対する人権擁護や福祉の充実を図ることにより、男女が互いに人権を尊重し、責任を分かち合い、その能力を安心して発揮できる社会、男女共同参画社会の形成と子どもの健全育成の推進を目的としている。

Women’s Net Kobe
Women’s Net Kobe, founded in 1992, is a support organization for victims and survivors of domestic violence. By protecting the human rights of, and seeking to improve social services for, women and children, it aims to promote the Formation of Gender Equal Society, where men and women respect one another’s human rights, share responsibilities, and show their abilities to the full, as well as to promote the sound growth of children.

特定非営利活動法人 スペシャルオリンピックス日本・兵庫

1994年にスペシャルオリンピックス日本が設立。知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織。JAWKインターナショナルは、西宮支部(西宮プログラム)の活動を支援している。

NPO Special Olympics Nippon, Hyogo
Special Olympics Nippon, founded in 1994, is a global sports organization which provides people with intellectual disabilities with a variety of sports trainings and competitions year-round, giving them opportunities to show the fruits of their efforts. JAWK International supports activities led by its Nishinomiya branch (Nishinomiya Program).

社会福祉法人 のぞみ福祉会

1976年に前身の「のぞみ会」が発足、2003年に「社会福祉法人のぞみ福祉会」設立。精神障がいを持つ方々の個々の思いを尊重し、安定した生活と働く環境を提供していくことをモットーに「自分らしく生きる」ことへの支援を行っている。

Social Welfare Corporation Nozomi Fukushikai
The organization was first launched as Nozomikai in 1976, then established as Social Welfare Corporation Nozomi Fukushikai in 2003. With its motto to respect the will of individuals with mental disorders and provide them with stable lives and working environments, it supports them to “live like themselves”.

認定NPO法人 日本レスキュー協会

1995年設立。災害救助犬(レスキュードッグ)の育成や派遣を中心に災害時には、国内外を問わず、広く世界規模での活動を行っている。また、セラピードッグの育成や派遣、捨て犬や捨て猫の保護などの動物福祉や愛護活動にも力を入れている。

Japan Rescue Association
Japan Rescue Association was founded in 1995. Their main activity is training and dispatching rescue dogs worldwide when disaster strikes. Also, in striving to promote animal welfare and protection, they train and send therapy dogs and shelter abandoned dogs and cats.

神戸クロスカルチュラルセンター

1980年設立。地域に住む多様な文化をもった外国人市民と一般市民とが交流をもつことにより、友情と理解を深め、文化の差を超え、平等に尊重し合う平和で豊かな地球市民社会の実現を目指している。

Kobe Cross Cultural Center
Kobe Cross Cultural Center was founded in 1980. By creating opportunities where foreign and native-born residents with different cultures interact one another, it aims to promote friendship and understanding, overcome cultural differences, and realize a peaceful and harmonious global citizens’ society where people equally respect each another.

FOP明石

進行性骨化性線維異形成症(FOP)の患者、山本育海さんを支援する団体。FOPとは、子供の頃から全身の筋肉やその周囲の膜、腱、靭帯などが徐々に骨化する難病。FOP明石は、病気を正しく社会に伝えるとともに、その治療法確立への協力も行っている。

FOP Akashi
FOP Akashi supports Mr. Ikumi Yamamoto, a patient with FOP, which stands for Fibrodysplasia Ossificans Progressiva. FOP is a refractory disease beginning in childhood that causes muscles of entire body and tissues surrounding muscles such as fascia, tendons, and ligaments to gradually ossify. The group provides society with the right information about the disease and works to help develop a treatment and a cure.

認定NPO法人 フードバンク関西

2003年、活動開始。企業などから寄贈された食品を福祉施設や団体に無償で分配している。また「食のセーフティネット」として緊急食糧支援を必要とする一般市民や世帯に行政を通じての食糧の無償分配、貧困母子世帯への宅配による食支援「子ども元気ネットワークひょうご」、子ども食堂への食支援を行っている。

Food Bank Kansai
Food Bank Kansai started operations in 2003. They distribute free food donated by companies and organizations to facilities and groups that offer social services. Their other activities include “Syokuno Safety Net” (donating free food to public social service agencies to help support citizens and households in urgent need), “Kodomo Genki Network Hyogo” (delivering groceries to single-mother households with low income), and providing food materials to Kodomo Syokudo (Diners for Children).

社会福祉法人神戸福祉会 クッキー工房マミー

障がい者の方々によるクッキーの製造販売を行っている施設。「障がい者の人たちと共に歩む」をモットーにいろいろな障がいを持った方々が集い活動している。JAWKインターナショナルは、商品の購入という形での支援を行っている。

Cookie Factory Mommy
Cookie Factory Mommy produces and sells cookies. With their motto to “Walk with people with disabilities”, many with various disabilities gather to work together. JAWK International supports them by purchasing their products.

NGO アジア友好ネットワーク

ネパールにおける教育、福祉、医療、生活環境に関する支援を行っている団体。学校建設(80校)、病院建設、お産医療センタ―の建設、ストリートチルドレンのためのケアハウス建設、学校給食の実施などを行っている。JAWKインターナショナルは、2015年4月に起きたネパール地震の際に支援を行った。

NGO Asia Friendship Network
NGO Asia Friendship Network supports Nepal’s education, social service, and living environment needs. They have built 80 schools, a hospital, a medical center for obstetrics, and a care house for street children, and have implemented school meals. JAWK International supported them in April 2015, when Nepal Earthquake struck.

バルカン室内管弦楽団

2007年に指揮者・裄V寿男氏が旧ユーゴスラビアの民族共栄を目指し設立した楽団。コソボ紛争で敵対したセルビア人、アルバニア人の紛争後初の交流をきっかけに、旧ユーゴ中南部全ての地域の民族によって構成されている。年に一度「世界市民」というメッセージのもと世界各国でコンサートを開催。JAWKインターナショナルは、2016年に行われた来日公演に対する支援を行った。

Balkan Chamber Orchestra
Balkan Chamber Orchestra was established in 2007 by a conductor Mr. Toshio Yanagisawa, in hopes of inter-ethnic co-prosperity in the former Yugoslavia. Started as the first post-conflict interaction between Serbians and Albanians, who were against each other in Kosovo conflict, it now consists of ethnic groups in all central and southern regions of the former Yugoslavia. With their message “World Citizens”, concerts are held annually in different countries. JAWK International supported the ones held in Japan in 2016.

京都国際木版画協会

1997年に版画家リチャード・キース・スタイナー氏が設立した協会。スタイナー氏は、日本人をはじめ多国籍の人々に木版画の指導を行っている。4年に一度、世界最大の現代木版画展、京都国際木版画協会展を主催し、2016年に行った展示会には35ヵ国、128名の作家から320点の作品が寄せられた。JAWKインターナショナルはこの展示会への支援を行った。

Kyoto International Woodprint Association
Kyoto International Woodprint Association was formed in 1997 by a printmaker Mr. Richard Keith Steiner, who teaches woodblock prints to people of different nationalities. The association holds the world’s biggest woodprint exhibitions quadrennially. JAWK International supported the one held in 2016, to which 128 artists from 35 countries sent 320 prints.

カナディアン・アカデミー100周年のお祝い

2013年10月9日に私達は神戸市六甲アイランドのカナディアン・アカデミー(CA)を訪れました。そして記念すべき100周年という輝かしい偉業にお祝いを申し上げ、10万円を差し上げました。CAとJAWKインターナショナルの30年以上にわたる友好関係が今後も続くことを祈っております。

Congratulations to Canadian Academy on their centennial anniversary!
On October 9th, 2013, we visited Canadian Academy (CA) on Rokko Island, Kobe City. We extended to them our congratulations on this memorable occasion. We hope the friendly relationship between CA and JAWK International, which has lasted over 30 years, will continue.
We donated \100,000 as a gesture of our goodwill and appreciation for CA.

神戸クロスカルチュラルセンターのスピーチコンテスト

2015年11月15日に神戸倶楽部で行われた第36回神戸市長杯 英語と日本語によるスピーチコンテストで、優勝者に特賞を差し上げました。

The 36th Bilingual Speech Contest Sponsored by Kobe Cross Cultural Center
We presented a special prize to the first place winner at the bilingual speech contest held at the Kobe Club on November 15th.

災害地域への支援 Disaster Support

特殊な事態のもとでは、関西地域以外にも国際的援助を行っています。

We extend our support beyond the Kansai area at times of extraordinary disaster.

東日本大震災では、2011年に210万円の義援金を送ったのを始めとし、2012年度50万円、2013年度51万円、2014年度45万円、2015年度45万円の支援をいたしました。

In 2011, a \2,100,000 donation was sent to victims of the Eastern Japan Earthquake and Tsunami, distributed to various institutions throughout Miyagi, Fukushima, and Iwate. \ 500,000 in 2012, \510,000 in 2013 and \450,000 each in 2014 and 2015 were sent.

<宮城県> ケアホーム めぐみ、創る村、どんぐりの家、気仙沼にバッティングセンター設立支援
<福島県> ハートネットふくしま、福島ハ―メルンプロジェクトジョイントチーム
<岩手県> やどかりリトル学童クラブ、陸前高田桜ライン311

発生から4年以上経ちますが復興までの道程がなお長いことに鑑み、JAWKは継続して今後とも支援を続けてまいります。
It has been four years since the disaster struck, but JAWK will continue to support the North-eastern Japan region on its long, winding road to recovery.

過去には 阪神淡路大震災の長年に亘る地域支援、アメリカの9.11、中国四川省の大地震、スマトラ島沖地震などに義援金を送り、今年度はネパール大地震に義援金を送りました。
In the past, we supported our local community for years after the Great Hanshin-Awaji Earthquake. Also, contributions have been sent to victims of 9.11 in the U.S.A, the earthquake in Sichuan, China, and the Sumatra earthquake and tsunami, and this year the Nepal earthquake.

福祉施設への支援 Charity Support

主として関西地域に在住の団体で、経済的援助を必要としている社会福祉、または、医療関係の団体を対象として支援を行っています。2015年度は、合計83万円の支援を致しました。
We support welfare and medical institutions based in the Kansai region. \830,000 was donated in 2015.

福祉施設の支援先(過去4年)The Recipients of 2012-2015

空飛ぶ車いすFlying Wheelchairs、フードバンク関西Food Bank Kansai、日本レスキュー協会Japanese Rescue Association、ウイメンズネットこうべWomens' Net Kobe、(社福)のぞみ福祉会Nozomi Welfare Home、スペシャルオリンピックス日本・兵庫Special Olympics Nippon Hyogo、神戸クロスカルチュラルセンターKobe Cross Cultural Centre、子供たちの讃歌展Tributes to Children 、クッキー工房マミーCookie Factory Mommie, FOP基金(進行性骨化性線維異型成症)FOP Fund(Fibro dysplasia Ossificans Progressiva)

関西地域の福祉団体、支援の為の基金活動、また東日本大震災被災地の支援 など 皆様からの情報や申し込みをお待ちしています。 ホームページお問い合わせ先にご連絡下さい。
We are collecting information on organizations / facilities in the Kansai area as well as in the Tohoku area that need financial support. Please contact us via this website.

「空飛ぶ車いす研究会」取材レポート Report on "Flying Wheelchairs Project"

空飛ぶ車いすプロジェクトとは、工業高校を中心に全国で広がっている、車椅子修理ボランティア活動です。その中でJAWKが支援させて頂いている神戸市立科学技術高等学校では、クラブ活動や課題研究授業の一環として、ボランティアに関心のある生徒が中心となって行われています。不要だった車椅子が、生徒たちの手によって生まれ変わり、搬送ボランティアネットワークを通じて東南アジアなどの国々へ送り出され、活動9年目を迎える今年、1000台を越えました。これは全国の高校のトップクラスです。ただ、修理する際、交換部品などを購入するのに費用がかかる為、支援金はこの活動を支える上で大変重要です。JAWKではこのプロジェクトに近年20〜30万円を寄付させていただいています。
2013年3月25日、私達は神戸市中央区にある同校を取材に訪れました。空飛ぶ車いす研究会の顧問である渡辺先生、足立先生とともに春休み当日部活動中の機械工学科新2・3年生4人が出迎えてくださいました。渡辺先生と校長先生によるプロジェクトのプレゼンテーション後、作業場にお邪魔しました。
仲東大貴君、山本凌君、長谷川遼平君、下浦皓介君は口をそろえて「自分たちが修理して送った車椅子のお礼の手紙や写真が海外から届いたときに一番やりがいを感じる」と話してくれました。みんな自分の技術を生かして人の役に立ちたい、という熱い思いで放課後や休み中に活動を続けています。共通の悩みは、現在は8人いる部員がもっと増えてほしいこと、修理する車椅子がもっと欲しいこと、だそうです。先生方の「優秀な技能者を1人でも増やしたい」との熱心なご指導のもと、目をキラキラさせて修理に熱中する彼らの様子は清々しく、胸を打たれました。
彼らを支える為にも、そして東南アジアで車椅子を待つ方々の為にも、JAWKではこれからも支援を続けていきたいと思っております。

"Flying Wheelchairs Project" is a voluntary activity in which students from all over Japan take part in and repair old wheelchairs. Kobe Municipal High School of Science and Technology, which JAWK supports, participates in this project as a club activity. Damaged or unused wheelchairs are shipped out in mint condition once again, to countries in South East Asia, after elaborate repair work by the students. This is the ninth year since this school joined the project, and they have repaired over 1,000 wheelchairs. JAWK is recently contributing \200,000~300,000 a year to this school to purchase the parts that are necessary for these repairs.
On March 25th 2013, we visited the school in Chuo-ku, Kobe, and were welcomed by Mr. Watanabe and Mr. Adachi along with four students. After being given a presentation on the project, we interviewed the students in their workroom. They all told us that they feel most rewarded when they receive thank-you letters or photographs from those countries to which the chairs have been sent. The boys keep working diligently after school, wishing to be of service with their own technical skills. According to them, it would be even better if more students would join them and if they could get more wheelchairs to repair. We were touched by their pure motivation as well as their teachers' devoted support, both educational and technical.
JAWK is going to give a continuous support to these amazing boys, and it will enable us at the same time to make those happy who are waiting for new wheelchairs to arrive in other Asian countries.


▲このページのトップへ