アーカイブ Archives 関西日米婦人会 会員の活動 Japan America Women of Kansai Social Activities

チャリティ・ラッフル&ビンゴ 2016年5月13日(金)

5月13日にJAWKインターナショナル今年度最大のイベント、チャリティ・ラッフル&ビンゴが神戸ポートピアホテルにて開催されました。和やかな雰囲気の中、多くのゲストをお迎えして210名の方が集まり、Welfareの報告に続いて今年度の奨学金受給予定の女子学生3名のうち2名が出席してのスピーチには、大きな応援の拍手を送られました。ポートピアホテル心づくしの昼食の後はお待ちかねのビンゴです。当選者が出る度に歓声と拍手が起こりました。ラッフル(福引)ではデルタ航空提供のホノルル往復航空券、ホテル宿泊券、宝飾品など様々な豪華賞品の当選者が発表され会場は大きな熱気に包まれました。今回私共の福祉活動資金として180万円近くの収益を上げることが出来たのは、長年に渡りこの活動を支えて下さっている90に及ぶ寄贈者の方々、参加して下さったゲスト、および会員の皆様のお蔭と心よりお礼申し上げます。

Over 210 members and guests gathered for the grandest event of JAWK International on May 13. Charity Raffle & BINGO started with the 2016 Welfare Report and speeches from two scholarship students, who attended and helped backstage. After the delightful lunch presented by the Kobe Portopia Hotel, was the BINGO game where exhilaration was abound, every time a winner shouted BINGO! Excitement was max as the top twenty of the 350 raffle prizes were announced, such as return tickets to Honolulu, hotel stays, and jewelry.

We are ever grateful to the many contributors who provide our prizes and to the members and guests who joined us to make nearly 1800 thousand yen for our charity funds.



カルチャーイベント 講演会「白洲家の流儀」 2016年3月25日

去る3月25日神戸ポートピアホテルにて白洲信哉氏をお迎えし講演会「白洲家の流儀」が開催されました。白洲次郎氏、正子氏の初孫でいらっしゃる白洲信哉氏は祖父母に影響を受け、古美術の世界に入られました。手間のかかる自動車ベントレーを愛した次郎氏、「美術品は生活に使ってこそ生きる」を実践した正子氏、便利ではない古い物に宿る心を大切にされた両氏の生き方を伺い、消費社会に生きる私達にとって本当の豊かさとは何かを考えさせられました。古美術の心を特に若い人たちに伝えたいと次郎氏愛用のオーバーコートを着用された白洲信哉氏に会場から大きな拍手を送られました。昼食の後は白洲氏ご自身が編集なさる古美術誌の販売サイン会も開かれ、出席者と和やかに交流されました。

It was March 23 that we welcomed Shinya Shirasu, first grandchild of Jiro and Masako, for his lecture on "The Shirasu Family Traditions". His involvement with antique artifacts and stance were influenced by his grandparents who believed that "Art only lives through actual use". Shinya's ambition is to bring awareness to the spirit of artifacts, impractical yet beautiful, to the younger generation and to us that live in this age of consumption. Applauded was the old yet beloved overcoat he inherited from his grandfather. He mingled with members and guests during lunch and autographed the art magazines he publishes.


Bring & Buy バザー 2015年11月27日

恒例のBring & Buyバザーが神戸ポートピアホテルで開催されました。130名の会員とゲストが寄贈品、手作りの手芸品、会員手製のお菓子、協賛者からの色々な商品などのお買い物を楽しみました。約90万円の収益は奨学金と福祉活動への寄付に使わせて頂きます。大勢の方のご協力に感謝いたします。

Bring & Buy Bazzar Friday, November 27 2015
Our Bring & Buy Bazaar was held at Kobe Portopia hotel. About 130 guests and members enjoyed shopping for donated items, handmade crafts, homemade sweets, and various goods from several vendors. The result was approximately 900,000 yen, which will be applied to scholarships and welfare activities. We are extremely grateful for donations, time and effort, from many members and friends.

 

秋の昼食会 2015年9月25日

神戸ポートピアホテルで開催された秋の昼食会で新年度をスタートしました。新会員と今期役員の紹介に続いて畑萬陶苑4代目にして高名な伊万里鍋島焼伝統工芸士でいらっしゃる畑石眞嗣氏の講演が行われました。鍋島焼の歴史、技術、先人のご苦労をお話しくださり、大変感銘を受けました。その後ホテルお心尽くしの美味しいビュッフェランチに舌鼓を打ち、会員同志のおしゃべりも弾みました。美しい鍋島焼の陶器のお買い物も楽しみ、畑萬陶苑提供の陶器などが当たるミニラッフルでは皆の歓声が上がりました。

Fall Luncheon  Friday, September 25, 2015
We started the new term with our annual Fall Luncheon at Kobe Portopia Hotel. New members and the board were introduced, followed by a lecture by Mr. Shinzi Hataishi, the 4th generation master of Hataman Toen and successor of Imari Nabeshima porcelain. His lecture provided an understanding of the impressive history, technique and hardships of his predecessors of Nabeshima porcelain craftsmanship. The Hotel served a delicious buffet luncheon which was enjoyed in the congenial setting while members chatted on. We enjoyed shopping for beautiful pieces of Nabeshimayaki. The exciting mini raffle was lively as ever, since Hataman donated several of his exquisite pieces for prizes.


チャリティ・ラッフル&ビンゴ 2015年5月15日(金)

さる5月15日、2015年度のJAWK International ラッフルとビンゴの会が開催されました。美しく飾られた神戸ポートピアホテル偕楽の間に250名あまりの参加者が集いました。昨年度の奨学生によるスピーチに耳をかたむけ、カナディアン・アカデミー高校音楽賞受賞者による演奏を聴き、ホテル特製の散らし寿司の昼食を頂きました。その後、デルタ航空提供ホノルル往復航空券はじめさまざまな高級ホテル宿泊券、宝飾品などが賞品になったラッフルや歓声のあがるビンゴゲームに興じた楽しいひとときでした。今年も各方面のみなさまのお力添えで福祉活動基金を充実させることができたことを感謝いたします。来年度のビンゴとラッフルの会を楽しみにしたいと思います。

Charity Raffle & Bingo May 15, 2015
Over 250 people gathered for JAWK International Raffle & BINGO on May 15, 2015, in the Kairaku Room, Kobe Portopia Hotel. As we enjoyed a chirashi-zushi lunch, we listened to a scholarship recipient's speech, and performances by Canadian Academy Music Award winners. Ensuing was a lively BINGO Game and Raffle drawing where prizes such as a Delta round-trip ticket to Honolulu, hotel vouchers, pearls and other fabulous prizes were won. We were again grateful for everyone's support and contributions for our charity activities. We hope everyone will look forward to our event next year.


カルチャーイベント 2015年3月27日(金)

一瞬辺りの静謐を震わせるような小鼓、大鼓、笛、太鼓の響きと地謡の掛け声。去る3月27日神戸ポートピアホテルの一室に、幽玄な能楽の世界が現出しました。 時は3月、雛祭りの季節に相応しい五人囃子です。今や日本一の小鼓方と云われる成田達志師の率いる錚々たる若手の出演でした。この日のハイライトの一つは、成田師のそれぞれの演奏者との対談形式で行われた楽器の紹介でした。 ユーモアのセンスをちりばめた話しぶりには思わず聞き惚れました。 そして、見事な装束を纏った当代随一の舞い方、味方玄師の「天鼓」が舞台の最後を飾りました。世界最古の仮面劇である能楽が、現代性と伝統を自然に融合させながら現代に生き続ける姿を垣間見たひと時でした。

Culture Event March 27, 2015
Suddenly the quintette of an Utai and four musical accompaniments echoed at Kobe Portopia Hotel on March 27th. It was the season for the Doll's Festival and our special stage of Noh also featured Gonin Bayashi--- five Noh musicians just as we see on the dolls' display. Narita Tatsushi, a great performer of a small hand drum Kotsuzumi and other four prominent young musicians, each with different traditional musical instrument, gave us truly exquisite performance. Narita's introduction of Noh musical instruments interviewing the musicians was informative and attractively seasoned with a good sense of humor. The last stage was a dance "Tenko" performed by another great Noh dancer, Mikata Shizuka in a gorgeous Noh costume. We were moved by their endeavor and effort to combine modernism and tradition in order that this world's oldest theatrical art of over 400 years may continue to attract and please the audience in years to come.


新年の集い 2015年1月13日

晴天に恵まれた1月23日、約75名の参加のもと「新年の集い」が開催され、新春にふさわしく日本の伝統的な芸術とお正月の遊びを楽しみました。午前中は、新進気鋭の尺八奏者川崎貴久氏の若さ溢れる演奏に、お筝(菊筝秋房氏)と十七弦(菊柊麗房氏)の伴奏が見事に呼応したダイナミックなコラボレーションに聴衆は感動していました。昼食は無形文化遺産に値する美味な和食に舌鼓を打ち、午後は演奏者の方々も参加され、ミニラッフル、福笑い、坊主めくりと童心にかえり、久しぶりにお正月気分を味わうことができました。

New Year's Gathering January 13 2015
On a sunny January 23 some seventy-five people attended our New Year's Gathering. Appropriately, we celebrated with old time New Year games and traditional Japanese music. We enjoyed the dynamic collaboration and exquisite harmony of the up-and-coming young shakuhachi performer, Kawasaki Takahisa, and koto (played by Kikuso Shuho) and jushichigen (by Kikuso Reiho). The ensuing lunch was incredible and reminded us that our cuisine had been chosen as a cultural heritage. The performers joined in to play 'fukuwarai', 'bozu-mekuri' and the exciting mini-raffle, reminiscent of childhood days and New Year celebrations of old.

Bring & Buy バザー 2014年11月28日

今年も神戸ポートピアホテルで恒例のBring & Buyバザーを開催いたしました。当日は、11月末とは思われない暖かな日で、メンバー・ゲスト合わせて120名の方々に手作り手芸やお菓子、寄贈品、協賛企業からの商品等のお買い物を楽しんで頂きました。今回の収益約100万円は、JAWKが支援している福祉活動や奨学生のために使わせて頂く予定です。今後もご支援よろしくお願い致します。

Bring & Buy Bazzar Friday, November 28 2014
Our annual Bring & Buy Bazar was held on a sunny day in late November at the Kobe Portopia Hotel. We had more than 120 members and guests who enjoyed shopping handmade crafts, homemade sweets, donated items and goods from our supporters. We made more than one million yen and all will go to charity and scholarship. Thank you for your cooperation.


秋の昼食会 神戸ポートピアホテル 2014年9月26日(金)

JAWK インターナショナル2014年度が始まり、総会と"秋の昼食会"が開催されました。60名強の会員が集い、京都の花街を経営学という視点から考察された、京都女子大学の西尾久美子教授の講演に興味深く耳を傾けました。西尾氏は2002年のJAWK奨学生の一人でもあり、感慨もひとしおでした。新役員紹介と報告、皆勤会員の発表の後は、美味しいビュッフェランチに舌鼓を打ちました。ミニ・ラッフル抽選で盛り上がり、年度に一度の会員のみの例会は有意義に盛会の裡に終えました。

Fall Luncheon September 26th, at the Kobe Portopia Hotel
The 2014 year of JAWK International started with over 60 members gathering for the General Meeting and Fall Luncheon.
We were both proud and impressed to hear the lecture from a former Scholarship recipient, Kumiko Nishio, who is currently a Professor of Kyoto Women's University, on the topic of the intricate Hanamachi culture, from the view point of management. The always delicious buffet lunch ensued. After introducing the new Board of Directors and hearing their reports, a mini-raffle enlivened the Rainbow Room with laughter and excitement as attendees won great prizes.
A favorite meeting for many members, it was worthwhile afternoon, and we were able to seriously review our activities as we renewed our friendships and made new acquaintances.


チャリティ・ラッフル&ビンゴ 2014年5月30日(金)

神戸ポートピアホテルで開催された今年のチャリティ・ラッフル&ビンゴは、250名を越える参加者となり、福祉活動資金として200万円近くの収益を上げることができました。ビンゴで素敵な賞品を勝ち取った後は、ドキドキのラッフル(福引)です。デルタ航空とトルコ航空からの航空券をはじめ、関西地域の一流ホテルの宿泊券や高級ブランド品などが賞品に並びました。日本での駐在最後の機会となる、当会の名誉会長エマーソン・カネグスケと配偶者の米国総領事パトリック・リネハン氏に、特別賞の抽選をお願いいたしました。
また今年は初めてJAWK Art Award(芸術賞)を設けました。4人のカネィディアン・アカデミー高校生が出席し、名誉会長より賞を授与されました。加えて、今年度JAWK奨学金の受給が決定した日本人女子大学生3名のうち、2名が出席してスピーチを行いました。
私達のラッフル&ビンゴを支えてくださる会員、ゲスト、総数101に及ぶ寄贈者の皆様に心より御礼を申し上げます。

Charity Raffle & Bingo May 30, 2014
We had over 250 participants at this year's Charity Raffle & Bingo at the Kobe Portopia Hotel and were able to raise almost \2,000,000 for our welfare fund. Many lucky winners received wonderful prizes during the Bingo game, then the thrilling raffle followed. The marvelous prizes included airline tickets from Delta Airlines and Turkish Airlines, luxurious hotel stays at first class hotels in Kansai, and exclusive designer goods.
Our Honorary President Emerson Kanegusuke and his husband US Consul General Patrick Linehan helped JAWK with the drawing for the last time before leaving for a new posting in the US.
For the first time we had four JAWK Art Award winners from Canadian Academy present and they talked about their work. Additionally two of the three Japanese university students who received JAWK scholarships introduced themselves to JAWK.
We thank all the members, guests, their friends and more than 100 donors for their amazing support of our Raffle & Bingo event.



琉球舞踊とお話 2014年3月28日(金) 神戸ポートピアホテル

沖縄より新進気鋭の琉球舞踊家、またユネスコ無形文化遺産"組踊"継承者でもある宮城茂雄氏をお迎えして、カルチャーイベントを開催いたしました。琉球の宮廷ではぐくまれてきた古典芸能琉球舞踊についてのご説明の後、あでやかな紅型のお衣装での舞のご披露がありました。
歌三線、箏の演者の方々が奏でる音楽が宮廷の空気を醸し出す中での、抑えられた表現に思いを凝縮した舞に、観客の皆様は引き込まれ、しばし時を超えました。
続いて、JAWKが支援しているFOP(進行性骨化性線維異型成症)の一患者のお母様より、困難な治療法確立への取り組みについてお話を伺いました。また、昨年度奨学金受給生からの近況報告のお便りをご紹介し、JAWKの活動に対する会員とゲストの皆様のご理解を深めることができました。

Ryukyu Dance and Talk March 28, 2014 at the Kobe Portopia Hotel
Our 2014 Culture Event's featured guest was Mr. Shigeo Miyagi a young and spirited Ryukyu Dancer. He is the successor to Kumi Odori of Ryukyu Dance, which is now designated as an UNESCO Intangible Cultural Heritage. He talked about classical Okinawa Dance which originated in and had been nurtured by the Ryukyu Royal Court. He danced Kumi Odori in a gorgeous Okinawan Kimono of Bingata Dye. The traditional music of Okinawa provided a subdued but inspirational mood of Ryukyu and took as back to the bygone days of the Okinawa Court.
Another guest who spoke was the mother of a child who is suffering from FOP (Fibro dysplasia Ossificans Progressiva) - a rare and difficult disease of abnormal bone formation. JAWK Welfare provides funds to support a small part of their needs. Finally a letter from one of the scholarship students of last year was also read.
We hope that our presentations help promote our welfare activities for the guests as well as for JAWK members.


ニューイヤーチャリティコンサート 2014年1月24日(金)

2014年最初のJAWKイベントは、ソプラノ歌手、高野久美子さんによるニューイヤーコンサートでした。今回は、神戸市中央区加納町にあるフロインドリーブ・カフェで行われました。まずは、おいしいランチとデザートを頂いてからコンサート、スタートです。浜野千津さんによる美しいピアノの音色と高野さんの綺麗なソプラノの美声があいまって、もともと教会であった建物いっぱいに鳴り響き、反響し、素敵なメロディを奏でました。皆さんがご存知の曲が多かったので、メンバー、ゲスト全員で盛り上がることが出来ました。久しぶりにライブで聴いた美しい歌声に感激し、暖かい気持ちになれ、幸せな一日になりました。当日の収益金はすべて、JAWKの福祉活動資金といたします。

New Year's Charity Concert January 24, 2014
Our first event of the year, a lovely concert by a Soprano singer Kumiko Takano, was held at Cafe Freundlieb at Kano-cho, Chuo-ku, Kobe City. After a wonderful buffet lunch with dessert, the concert started in the historical building which used to be a church. The fantastic soprano voice combined with the beautiful piano playing by Chizu Hamano, echoed and filled the main hall of the building. Many of the songs chosen by Ms. Takano were well-known ones, which livened up all the members and guests. It was a happy and heart-warming day! All the profits are to be used for JAWK's fund for welfare activities.


Bring & Buy バザー 2013年11月22日

神戸ポートピアホテルに於いて恒例のBring & Buyバザーを今年も開催いたしました。
当日は名古屋レディースクラブからのお客様を含め、150名を超える方々にお集まりいただきました。会員手作りのアクセサリーやお菓子、寄贈品、協賛企業の品物などでお買い物を楽しんだ後は、ミニラッフルで盛り上がりました。約100万円の収益はJAWKインターナショナルの福祉基金に充てさせていただきます。皆様のご協力ありがとうございました。

Bring & Buy Bazar Friday, November 22nd
Our annual Bring & Buy Bazar was held at the Kobe Portopia Hotel. We had more than 150 members and guests including those from Nagoya Ladies Club. After enjoying shopping with homemade sweets, handmade accessories, donated items, and goods from our supporters, exciting mini raffles followed. We made more than one million yen and all will go to charity. Thank you for your co-operation.

 

秋の昼食会 神戸ポートピアホテル 2013年9月27日

JAWK インターナショナル2014年度が始まり、"秋の昼食会"が開催されました。70名弱の会員が集い、新役員紹介に続き各役員からの提案、会員への要請を発表し、新年度に向けての意見交換をしました。また浪曲師春野恵子氏をお招きし浪曲についての講演後、英語を交えた演目「番町皿屋敷〜お菊と播磨〜」を楽しみました。美味しいブッフェランチの後はミニ・ラッフル抽選で盛り上がり、年度に一度の会員のみの例会は有意義に盛会の裡に終えました。

Fall Luncheon September 27th, at the Kobe Portopia Hotel
The new year 2014 for JAWK International has started. About 70 members gathered for "Fall Luncheon".
The new Board of Directors was introduced first, followed by suggestions and requests to the members. Then we exchanged opinions for this year.
We invited Ms. Keiko Haruno, Rokyoku performer, who performed "Kiku & Harima in BANCHO SARAYASHIKI" both in English and Japanese after giving a small lecture on rokyoku. The annual members' only meeting was very successful due to her fascinating performance, delicious buffet lunch, and mini raffles.

 

JAWKインターナショナル チャリティ・ラッフル&ビンゴの会 2013年5月24日

毎年、好評を頂いている本年度のチャリティ・ラッフル&ビンゴは、去る5月24日神戸ポートピアホテルにて盛大に開催されました。今年も、デルタ航空とトルコ航空よりペア往復航空券、神戸ポートピアホテル宿泊券を始め、関西有名ホテル、企業、レストラン、店舗、個人等、総数97の温かいご協力とご支援を頂き、盛会の裡に終える事が出来ました。240名近くの参加者は昼食の後、支援先の1つである「空飛ぶ車椅子」のご報告を聞かせて頂き感動しました。その後は、ビンゴゲームとラッフルの抽選。名誉会長エマーソン・カネグスケ氏とパートナーの米国総領事パトリック・リネハン氏も交え、エキサイティングなひと時を過ごしました。当日の収益約200万円の全ては女子大学生への奨学金、福祉施設、被災地への支援として有効に使わせて頂きます。

JAWK International Raffle & BINGO
Our ever popular Charity Raffle & BINGO was held at the Kobe Portopia Hotel on May 24, 2013. Again our prize list was abundant with the generous contributions from 97 firms, restaurants, businesses and individuals, such as; air tickets from Delta Airlines and Turkish Airlines, luxurious stays at the Kobe Portopia Hotel and other exclusive hotels in the Kansai area. After lunch, our 240 attendees had the chance to listen to a moving report from "Flying Wheelchairs", one of our recipients. Joining us for the thrilling BINGO games and Raffle draw were our Honorary President Mr. Emerson Kanegusuke and his partner, the U.S. Consul General Mr. Patrick Linehan. The \2,000,000 proceeds from this event will be used for scholarships to collegiate women, donations to charity establishments and disaster relief.


ストロー・フルート演奏会 神戸ポートピアホテルにて

3月22日、市販の様々なストローを駆使してユニークなフルートを創作し演奏してくださる神谷徹氏をお招きしてArt & Culture Eventが開催されました。何十種類ものストロ−フルートをご持参くださり、解説を交えて演奏してくださいましたが発想のユニークさに驚くばかりです。"シャボン玉"の曲では演奏の途中でフルートからシャボン玉がふわりふわり、"ぞうさん"ではゾウの鼻のように長い長いストローが曲に合わせてくねくねと。輪唱曲の"キラキラ星"や"蛙の歌"では、一つのフルートで輪唱を実現。聴衆を楽しませつつご自身も楽しんでらっしゃる様子が素晴らしく、音色もお人柄の通り明るくやさしく、皆が童心にかえり笑顔の絶えないひと時となりました。またミニラッフルも行われ会場は盛り上がりました。

Straw Flute Performance at the Kobe Portopia Hotel
On March 22, we invited Mr. Toru Kamiya to our Art and Culture Event and he came with a variety of unique musical instruments which he has been putting together for over thirty years. He uses ordinary commercial straws as woodwind instruments, and he brought many kinds of straw flutes, a different one for each song. The music was most enjoyable as the straws also moved and danced as he played them. He has designed the straws in such a way that they not only play melodies, but also polyphony and even canons!! We could tell that he truly enjoys designing new instruments and songs with inexpensive straws and the concert was full of smiles and laughter. A mini-raffle drawing followed the concert. The afternoon turned out to be heartwarming and fun for all who attended.


新春特別例会「英語で落語」

1月25日金曜日、私共の初めての試みとして例会を夜に開催いたしました。大変に厳しい寒さとなりましたが100名を超えるメンバー、ゲストに出席をいただきました。英語と日本語を交えた落語で世界でご活躍されている桂かい枝さんの愉しい噺、美味しいお食事、親しいご友人との語らい、懐かしい神戸外国倶楽部での一夜でした。
名誉会長エマーソン・カネグスケの挨拶に続き、パトリック・リネハン在大阪米国総領事の乾杯の挨拶は流石にウィットに富んでいて感嘆いたしました。
終始 皆様の笑い声の絶えないホールでした。

New Year Event " Eigo de Rakugo"
For the first time, we held an evening meeting on January 25, Friday. Despite the icy cold, over 100 members and guests gathered for a fun evening at our old haunt, The Kobe Club. Internationally acclaimed Katsura Kaishi presented classic Rakugo in a delightful combination of English and Japanese. The food and the company were delightful.
Following greetings from our Honorary President, Emerson Kanegusuke, U.S. Consul General, Mr. Patrick Linehan, gave a witty toast, so appropriate for the occasion and the hall was filled with laughter throughout the night!


Bring & Buy バザー

JAWK インターナショナルのBring & Buyバザーは11月30日に開催されました。130名以上のメンバーとゲストが参加され、会員手作りのアクセサリーやお菓子、寄贈品、協賛企業の品物などでお買い物を楽しまれました。今回のランチはシンプルにハヤシライスとコーヒーでした。デザートの代わりにケーキが¥100で販売され、とても好評でした。当日の純益は100万円以上に達しました。全額チャリティーに使われることになります。皆様のご協力ありがとうございました。

Bring & Buy Bazar
JAWK International Bring & Buy Bazar was held on Nov.30. More than 130 members and guests enjoyed shopping with homemade sweets, handmade accessories, donated items, and goods from our supporters. This year we had a simple lunch and coffee. Cakes were sold for ¥100 to accompany the coffee. We made more than one million yen! All will go to charity. Thank you for your co-operation.


新年度総会の模様 2012年9月28日

2012年9月28日、神戸ポートピアホテルにて新年度総会が行われました。
毎年9月の例会だけはゲストをお招きせず、会員のみの総会と懇親会を兼ねた昼食会としています。
昨年、創立35周年を迎え、時代の流れとともに私達も変わっていこうとしています。
例年通り、新年度役員紹介・新会員紹介・各委員会報告・皆勤賞表彰と続いた後、会則第一条名称に関して、重大な決議がなされました。
現行の「本会の名称は関西日米婦人会(Japan America Women of Kansai)とする。」を「JAWKインターナショナル(JAWK International)とする。」というものです。理由として、2年前に総則を修正した結果、会員資格で国籍を問わないこととなり、名称変更の必要性が生じたこと、しかしながら会の歴史に鑑みて、長年慣れ親しんできた"JAWK"は変更せずに、インターナショナルを付加することで国際性を表現できると考えること、が挙げられました。
約80名の出席会員が少人数グループに分かれて討議を重ね、様々な意見を出し合った後、副会長の議会進行のもとに多数決をもって修正案が可決されました。
当面は、「関西日米婦人会」という日本語表記を併用します。
その後は南里沙さんの美しく、ダイナミックなクロマチックハーモニカの演奏を楽しみ、ビュッフェスタイルの昼食で会員どうしの親睦を深めました。続いてSINGコーラスグループが日ごろの練習成果を披露し、ミニラッフルで大いに盛り上がりました。

The General Meeting at the start of the New Year
On September 28, 2012, the general meeting was held at the Kobe Portopia Hotel. The September luncheon meeting is held annually without guests, and members enjoy catching up with each other and discussing issues that concern JAWK as a group.
Last year we celebrated 35th anniversary of JAWK and we are now heading in a new direction. At the meeting, the new board members, new members, and members who had full attendance the year before were introduced. Then committee reports were given and an important vote was taken regarding the First Article of JAWK Constitution.
The amendment voted on was to change "This association shall be called Japan America Women of Kansai" to "…JAWK International". The reason was to cope with the amendment of the by-laws of two years ago when we decided to disregard the nationality requirement. We hope we can express our emphasis on internationality by adding the word "international" to our familiar name JAWK.
Nearly 80 members discussed and exchanged opinions in small groups, and the amendment was passed by a majority vote of those present. For the time being, we will use both names in Japanese.
At the conclusion of the business meeting, we enjoyed the dynamic performance of chromatic-harmonica by Ms. Risa Minami and enjoyed a buffet lunch. The SING Chorus performance showed us the result of their tireless practice and a gorgeous mini raffle was an exciting finale.


関西日米婦人会チャリティ・ラッフル&ビンゴの会 2012年6月1日

35周年を迎えた本年度のチャリティ・ラッフル&ビンゴは、去る6月1日神戸ポートピアホテルにて盛大に開催されました。デルタ航空とトルコ航空より航空券、ポートピアホテル宿泊券を始め 関西有名ホテル、企業、レストラン、店舗、個人からの温かいご協力とご支援を頂き、盛会の裡に終える事が出来ました。250名以上の参加者は昼食の後、ビンゴゲーム、ラッフル抽選を賑やかに楽しみました。 収益の全ては大学生への奨学金、福祉施設、被災地への支援として有効に使わせて頂きます。

JAWK Charity Raffle & Bingo Event June 1st, 2012
Our 35th anniversary year Charity Raffle & Bingo event was held at the Kobe Portopia Hotel on June 1st. We had flight tickets from Delta Airlines and Turkish Airlines, hotel and restaurant vouchers, and many other generous donations from companies, stores and individuals in the Kansai area. More than 250 people attended and enjoyed bingo games and the drawing of the raffle after a lovely lunch. All profits of the event will go towards our funds for scholarships, donations to local welfare organizations, and the Tohoku area.


関西日米婦人会35周年記念例会 2012年3月30日

35周年記念例会は、神戸ポートピアホテルにて約300名のご参加を頂き盛大に開催されました。
エマーソン カネグスケ名誉会長の就任挨拶の後、パトリック・リネハン在大坂・神戸米国総領事より祝辞を頂きました。ジョン・V・ルース駐日米国大使からもお祝いのメッセージを頂きましたのでご紹介します。

JAWK 35th Anniversary Event: March 30, 2012
Almost 300 people gathered to celebrate the 35th Anniversary of JAWK, at the Kobe Portopia Hotel. Honorary President, Emerson Kanegusuke gave his acceptance speech, followed by a congratulatory speech by Mr. Patrick Linnehan, the U.S. Consul General of Osaka and Kobe.
We would like to share with you, a letter of congratulations received from the U.S. Ambassador.

関西日米婦人会の皆様へ
2012年3月30日

35周年をお迎えになった由、皆様にお祝いを申し上げます。

長年の間、我々の外交上の使命と関西日米婦人会(JAWK)の目指すところは、いみじくも一致したものでした。 JAWKは1977年に当時の在大阪・神戸米国総領事夫人により設立されました。以来今日にいたるまで同会は2つの目的を掲げています。一つは文化交流を通して日米間の友好関係を促進すること、もう一つは奨学金の授与と関西地域での福祉活動への資金援助により、地域社会に貢献することです。JAWKは昨今海外での災害復興への援助活動にも携わり、寄付金・奨学金の総額は1億円以上に上っています。

35年が過ぎ、その間に世界情勢は激変しましたが、友情と奉仕というJAWKの二つの使命は変わっておられません。私達は、初代より今日のエマーソン・カネグスケに至るまで、常に総領事の配偶者が貴会の名誉会長として働いてきたことを誇りに思っております。貴会がアメリカと日本の間の友情のために成し遂げられてきた全てのことに対し賞賛の言葉を送ります。そして、関西日米婦人会の素晴らしい仕事に携わっておられる方々の今後のご活躍を祈念いたします。

駐日米国大使
ジョン・V・ルース

その後、太皷表現師 時勝矢 一路氏と双子の実弟AUNによる記念公演を楽しみ和楽器のコラボレーションに会場は華やかに盛り上がりました。 公演後は名古屋国際婦人クラブ会長から乾杯の音声を頂き、皆様ポートピアホテル心尽くしのお料理を頂きながら会話を楽しみ親交を深め、記念例会は盛会の裡に終える事が出来ました。この模様は神戸新聞3月31日朝刊の記事にも紹介されました。

Taiko(Japanese drum) artist, Ichiro Jishoya and AUN, a twin unit(Jishoya's younger brothers) set a different beat, giving an exciting performance, collaborating various instruments of different fields. President of Nagoya International Women's Club gave the toast, and all attending were more than content with the delicious banquet of Kobe Portopia Hotel, the wonderful company, and ensuing conversation! The event was covered in the March 31 Kobe Newspaper.


SINGの会での想い出 Memorable Moments at SING Meetings

チャリティ・クリスマスコンサート 2014年12月12日(金)

12月12日神戸市のカフェ・フロインドリーブにて、チャリティ・クリスマスコンサートが催されました。会場全体がブルガリア人のコントラルト歌手ネリ・D・コイチャバさんの歌声に魅了され、音楽とお食事に酔いしれたひと時となりました。
伝統的なブルガリア音楽と文化のご紹介と、クリスマスらしいクラシックな曲の数々を組み合わせたプログラムが、ホリデイムードにぴったり。加えて、以前は教会であったカフェに響く歌声と、美しいステンドグラスがクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれました。最後には照明が落とされ、全員が歌う「きよしこの夜」とクリスマスカラーのペンライトの揺れる光が部屋を満たす、とても幸せな夜となりました。

Charity Christmas Concert December 12, 2014
On December 12, 2014, we organised a charity Christmas concert at Cafe Freundlieb in Kobe. Bulgarian contralto singer, Nely Doycheva Koycheva dazzled a full house with her magical voice. The event was a festive evening of musical entertainment followed by dinner.
The musical program was a combination of traditional Bulgarian music, introducing the international audience to Bulgarian sounds and culture, as well as classic Christmas hymns and carols to usher in the holiday season. The spectacular acoustics of the former church and stained glass window behind Nely were perfect touches to complete the holiday spirit. The final song was Silent Night, sung in Japanese with the audience. The house lights were dimmed and the room was speckled with christmas coloured lights that each person swayed during the song. It was truly a fantastic night.


SING Golf



SINGイベント 大阪日米協会 文化交流イベント「英語de落語&"俺のフレンチ・イタリアン"でランチ」2014年9月20日 大阪道頓堀角座
共催JAWK International SING event November 11th: Tea lesson at Cafe Ranhotei in Kyoto



この度大阪日米協会(JASO)ご企画の文化交流イベントに、後援団体としてJAWKインターナショナルを加えて頂きまして有難うございました。120席の角座なのでとても舞台が近く、観客を巻き込んでの太神楽は、様々な組み合わせとバランスの妙技に、どれほど修練をされたかと、皆さん大拍手喝采でした。
次の「英語de落語」は、世界12カ国で公演された桂小春団治さんで、外国人にも理解されやすいように説明されました。この言い回しはどう英訳されるのかと、英語字幕を見て楽しませていただきました。
その後、予約の取れないことで有名な「俺のフレンチ・イタリアン」で素晴らしい昼食を頂きました。

We at JAWK International were very happy to support the JASO Cultural Exchange Event. The event took place at the nice and cozy 120-seat Kado Za Theatre, where audience participation is easy. We applauded Ookagura, street performances of umbrella twirling and tea-cup stacking on chopsticks which the performer held in his mouth. The perfect balance that he showed must have taken many years of training.
The main event "Rakugo in English" was performed by Katsura Koharudanji, who has performed in 12 countries. He explained the story in a way that was understandable to those who are not familiar with Japanese culture. I also enjoyed the translations of Japanese phrases on the stage.
After the performance, we had lunch at "Ore no French/Italian" Restaurant, which is very popular and customers often must queue up to get in. It was wonderful!

SINGイベント 11月11日 京都らん布袋での茶道レッスン SING event November 11th: Tea lesson at Cafe Ranhotei in Kyoto

山々が少し紅く色づき始め、肌寒さがちょうど心地よい頃に京都へ出かけました。
茶道体験の前に、先ずは先斗町の老舗京料理店にて腹ごしらえ。京野菜が秋の趣きたっぷりのお料理となり、私たちの目と舌を楽しませてくれました。
美味しいお団子やお漬物をお土産に…と寄り道をしながら辿り着いたのは、三条にある町屋を改装された「らん布袋」。カナダ出身の裏千家茶道家ランディーさんのウィットに富んだレッスンに引き込まれ、各人お茶を点てる体験が始まりました。教えて頂いた作法通りに自分で点てたお茶と、ランディーさんに手を加えて点てて頂いた一服を飲み比べてみると、インスタントコーヒーとまろやかなカプチーノのような違いがあり、大変驚きました。とてもピースフルで幸せな気分になれたひと時でした。

Just as the leaves started turning color and the weather became comfortably crisp, we ventured out to Kyoto.
Before the tea lessons started, we enjoyed a scrumptious lunch filled with seasonal flavors. The dish was not just delicious but also visually stunning.
As we headed on our way to the lessons, we made a few unplanned stops at pickle and mochi shops to buy omiyage as memoirs of our afternoon trip.
We then finally arrived at Cafe Ranhotei. It was a machiya that had gotten converted into a cafe, and this was reflected in its traditional atmosphere. The instructor was Randy, a Canadian master of the way of tea certified by the Urasenke, and he taught us how to prepare Japanese tea. Although each of us did our best and thought that we made good tea, a little bit of instruction from Randy made it taste significantly better. The difference between the taste of our tea before and after his instruction was like that between instant coffee and a creamy cappuccino.
The trip proved to be a peaceful getaway for many of us, and we encourage more members to take an afternoon to enjoy the essence of Japanese culture.

SINGイベント 4月21日 歌舞伎鑑賞会 SING event April 21st: Kabuki Appreciation

夫と私はSINGイベント、京都南座での歌舞伎鑑賞会に参加しました。伝統的な歌舞伎と違って、この催しでは背景や舞台設定について学ぶことができました。まず、会場から5人の希望者がファッションショー出演者として選ばれました。姫君やお局など歌舞伎の様々な役柄を演じた若い女性たちの変身ぶりは見事なものでした。我が家の娘たちも絶対に気に入るような体験だと思います!
歌舞伎の演目は二部に分かれていて、父子で演じられました。第一部の藤娘では、私達女性より女性らしい舞が披露され、第二部は男の子が茶目っ気たっぷりに、元気よく踊っていました。私達はただびっくり!解説者がついていたので、よく理解できました。終了後は祇園あたりの散策を楽しみました。次の集まりが今から楽しみです!

On Sunday April 21st, my husband and I joined a SING event, the Kabuki Appreciation class at Minami-za in Kyoto. Unlike the traditional Kabuki performance, in this class we were introduced with the background & stage setting. First, five volunteers among the audiences were selected to perform a Kabuki Fashion show. It consisted of five different characters in the Kabuki from a young girl to a princess or a career woman. It was absolutely incredible to see the transformation. 0ur girls would definitely enjoy the experience!
The Kabuki performances were in two sections, performed by father and son. The first section was performed by the father as a beautiful Wisteria spirit. Even though it was a man, the artist danced more like a woman than we woman could dance! The second part of the performance was cheerfully danced by a young boy artist with lots of upbeat movements in a playful manner. It is an eye opening experience for us! The speaker made things simple and easy to understand. After the show, we were able to continue exploring the Gion District. We truly enjoyed this event and look forward to another gathering!

SINGイベント 4月10日 枝垂桜コンサート SING event April 10th: Benishidare Spring Night Music Festival at the Heian Jingu Shrine

今年は桜の開花宣言が例年より早く、京都の桜も3月20日過ぎから咲きはじめ4月10日の枝垂れ桜コンサートの頃には、葉桜コンサートに違いないと思って半分がっかりしながら参加いたしました。
ところが当日会場の神苑の桜は見事にはんなりと咲き誇って夢のような美しさでした。ライトアップされより一層輝いた桜と、池に面した会場で平安装束を纏った東儀さんの奏でる笙の響、それらが池の面に映え人々を王朝の世界に。本当に素晴らしいコンサートでした。

Because of the unusual climate these days, we feared that we might miss the grandeur of the beautiful weeping cherry trees in the Devine Garden of the Heian Jingu Shrine this year, as our concert was scheduled for April 20th.
On the contrary!! The cherry blossoms were in full bloom and the masterpiece landscape was lit up. Hideki Togo, dressed as a courtesan of the Heian Dynasty, played ancient music on the "Sho" a traditional woodwind instrument. The lit-up staqe over the pond, the music in the beautiful landscape took us to the fantasy world of the Heian Dynasty. What a wonderful concert it was!

SINGイベント 3月14日 着物でコサージュPart 2 SING event March 14th: Hiking to Koshikiiwa Shrine

真冬に逆戻りの寒い日、手作りのお好きな方々が集まりました。和服生地から作るコサージュの二回目は、小さなお花を紫陽花のように集めました。お花は小さいのですが、ある程度の数を作らなくてはいけません。皆様、色合わせを考え生地を裁ち、細かい縫い仕事です。作品を作りながら、色々な話題のおしゃべりが出来るのも、SINGならでは。今回のヒットは、とってもユニークなワインの選び方。びっくりです。答えを知りたい方は、今回ご参加の方にお聞きください。これから作るお洋服の生地でコサージュを作られた方もあり、皆様ご満足でした。

The second sewing bee for the SING meeting was held on March 14. This time the aim was to make many small flowers and bundle them up in an attractive way to make something like a hydrangea. There was more of matching and selecting materials than before to make enough of small flowers. And of course there were also more girls-talk, exchanges of ideas and good news. The hit topic this time was a unique way of selecting wine!! And it was an eye-opener!! If you wish to know, please ask those who attended. What fun it was!

SINGイベント 3月8日 越木岩神社 ハイキング SING event March 8th: The Okinawan Traditional Performing Arts

春らしくおだやかな日に6名の参加で阪急苦楽園駅から出発、およそ20分ゆるやかな坂道を歩いて越木岩神社に到着。まず拝殿に参拝しJAWKインターナショナルの繁栄と会員の健康と平和を祈願しご祈祷をあげて頂きました。 祝詞のなかの「会員一同力を合わせて会の繁栄に尽くすべく〜」という言葉が心に残りました。 その後、禰宜さんが外国の方に神社の事を説明するのにヒントとなるようにといろいろ熱心にお話をしてくださいました。本殿奥の甑岩にもお参りし、かわいい椿の絵の土鈴を頂いて帰りました。
苦楽園にもどりおいしいイタリアンのランチを頂き身も心も満腹で解散となりました。

On a sunny, crisp, spring day, six of us enjoyed a 20 minute walk up from Kurakuen Station to Koshikiiwa Shrine. We paid our respects at the shrine and then the grand priest led us in a private prayer ceremony where he prayed for the prosperity of JAWK International, and the health and happiness of its members. He also prayed that "May the members unite in their efforts to advance JAWK …"The "negi" or second priest gave us advice on how to introduce Shinto-ism and shrines to non-Japanese. His tour around the premises, and modern-day explanation of the "holy" boulder that has become the name-sake of the shrine, were exciting. We also went home with clay bells with a picture of camellia that the shrine is also famous for.
On returning to Kurakuen, we rewarded ourselves with a hearty Italian lunch. We parted with full stomachs and enriched hearts.

SINGイベント 2月11日 沖縄琉球舞踊鑑賞 SING event February 11th: The Okinawan Traditional Performing Arts

大阪の国立文楽劇場で「琉球伝統芸能、鑑賞と講演」を楽しみました。
琉球の王府の庇護のもとで、芸術的に洗練された琉球舞踊は、私達の想像を超えてとても典雅で品格があり、地謡と呼ばれる地の演奏も静かで趣がありました。ただ、台詞が琉球独特のもので、通訳が必要かというくらい理解が難しかったです。
琉球の文化の深さに触れたひと時でした。女踊りを踊った宮城茂雄さんの、余りの美しさと優雅さに、皆さんうっとり時空を超えました。
舞台の後、出演者の中のお二人と写真撮影。

We enjoyed the Ryukyuan (Okinawa) traditional performing arts with a lecture at the National Bunraku Theater in Osaka City. The artistic and refined Ryukyuan dance, which used to be mainly performed for the Ryukyuan royal government, was extremely elegant and beyond our expectation with its quiet yet graceful music. The lyrics- classic Ryukuan language - were difficult to understand being totally different from the current Japanese language. It was a wonderful opportunity to experience the Ryukyuan history and culture. We were fascinated by the beautiful and distinctive movements of the main dancer Shigeo Miyagi.
You can see two of the performers in the photograph which was taken after the show.

SINGイベント 11月 着物でコサージュ作り November SING event: corsage making

晩秋の昼下がり、みなさまで手作りの幸せに浸りました。もう着ることのなくなった古い着物や、思い出の着物の切れ端でコサージュを作りました。
まず、最初のお楽しみは、色合わせ。コサージュになって美しいように取り合わせるのが、意外と難しい。でも、ぴったりの組み合わせが見つかると、とっても嬉しい。
みなさまで、あれやこれやと相談しながら、やっと生地が決まりました。それから、裁断して組み立て。見るのと、実際やってみるのとでは大違い。色の配置を考えながら、上手にお花の形にするのに苦労しました。でも、出来上がったコサージュを手にみなさま満足そう。
また、お家に帰って色違いでお作りになってみるそうです。
手先を動かすことが大好きな方々とのひととき、とっても充実していました。

Seven ladies got together one fall afternoon for a SING workshop to create corsages out of old kimono material. Each of us picked out different pieces and worked on color combinations to see how they looked when pieced together into a corsage. Everyone tried many combinations and peeked at others' selection - it was a happy work group. It wasn't an easy job but it was fun focusing on matching colors and on our sewing techniques to come up with a prize creation. Everyone was pleased with what they had made and promised to make another when they got home. Our sewing bee turned out to be a fabulous afternoon!

SINGイベント 10月 神戸ゴルフクラブにて October SING event: at Kobe Golf Club

10月のSINGは、六甲山頂にある日本最古のゴルフ場、神戸ゴルフクラブでプレーを楽しみました。私たちの行いがよほど良かったのか、お天気にも恵まれて、笑いの絶えないラウンドでした。神戸ゴルフクラブには、カートがないため歩いてのラウンドだったのですが、アップダウンの多いコースを沢山歩きまわったせいかメンバー全員一段と元気になった感じです。ラウンド後は、クラブハウスのテラスから神戸の絶景を眺めながら楽しくお茶を頂くなどし、充実した一日を過ごしました。

We enjoyed golf at the Kobe Golf Club, which is the oldest golf course in Japan. The weather cooperated to let us have a great fun while playing in the lovely weather. Since they have no carts in the club, we had to walk through the courses but that made us even more lively and fit after walking up and down the mountain trails. With the amazing view of the city far down, tea time after the game at the terrace of the club house was truly fantastic. What a great day!

久保惣美術館を訪ねて A Visit to Kubo-So Museum

かねてより訪れたいと思っていた久保惣美術館には、総勢20人でバス旅をいたしました。JAWKの会員でもある久保夫人と会館のスタッフのお迎えをいただき、学芸員さんたちは、開館30周年を迎えた久保惣美術館の東洋美術の名品を詳しくご説明くださいました。お心づくしのお昼をいただいた後、本館、お茶室、音楽ホールと拝見しました。素晴らしい日帰り旅行となりました。

Long in planning, a bus trip to Kubo So Museum to see its 30th anniversary exhibition was joined by 20 members. Mrs. Kubo, one of our members, welcomed us and the curators explained the artwork exhibited in the new and old buildings. A lovely lunch was served by Mrs. Kubo and we visited the music auditorium where performances take place almost every weekend. It was a wonderful outing day.

コサージュ作り Corsage Making

一月の例会の日に見た色とりどりのコサージュ、それが新聞の広告のページから出来ていると聞けば、それは教えて頂くしかないと参加いたしました。寒い日でしたが、会場となったメンバー宅に集まった20人の熱気は大変なもの。それぞれに個性豊かなこの世で一つのコサージュをお喋りも楽しく完成いたしました。

We saw colorful corsages displayed at JAWK SING table at our January meeting and we learned that these were made from newspapers! We had to learn how. About 20 members joined the SING event for corsage making at one of our members' home. Each of us came up with a one-and-only-in-the-world unique and colorful corsage. And what fun it was!



▲このページのトップへ